不動産の上手なやりくり~不動産でより利益をえYO~

不動産の売却

売られている家

不動産売買で宅地建物取引業者に支払う報酬

所有している不動産売却をする場合には、広く物件の宣伝をしたりする必要があ出てくるのです。すると個人で売買契約までこぎつけるのは大変な苦労をすることになるのです。ですから、取引を仲介する役割を宅地建物取引業者が行うことになるのです。宅地建物取引業者は、一般的に不動産会社と呼ばれているのですが、厳密に言えば違うのです。宅地建物取引業者は売買契約や仲介をするだけで、賃貸、管理などは行うものではないからです。もし、不動産売却が成立したときには、宅地建物取引業者には、宅地建物取引業法荷物時報酬を支払うことになるのです。取引をする不動産の価格に応じて3パーセントから5パーセントの範囲で設定されるのです。売買契約を結ぶときには、法律に則った金額か確認をすることです。

不動産売却で査定額を上げる

不動産売却においては、いくらで売れるかを決めるために不動産査定が行われることになるのです。このとき、査定額を挙げれば、それだけ不動産は高値を付けやすくなるのです。では、どのようにすれば査定額を挙げることが可能なのでしょう。その答えは、家を綺麗に清掃することです。生活をしている場であれば、どうしても生活感や手垢・水垢などの汚れが家のあちこちで見えて可能性があるのです。汚れすぎてしまうと、査定をする不動産業者あるいは不動産鑑定人の印象はそれで決定されてしまうのです。査定で特にみられる箇所では水回りです。水回りがカビや水垢にまみれていると、家全体が粗末に扱われていると考えられてしまうのです。それでは不動産売却の査定額は下がることになるのです。査定の日程がわかっているならば、タイミングを合わせて水回りの汚れだけでも徹底的に洗浄することが最善です。そうすれば、不動産をより高く売却することが可能となるのです。